テーマ:メモ書き

永田町にYahooが運営しているLODGEというラウンジに行ってきました。
無料で入れました。
都心でこんないいところを無料で開放したら、人が殺到して仕方ない気がするけど、どうなんだろう?

Yahoo LODGE
永田町のビル下
永田町のビル下

Yahooに転職した2人の元上司と、新規事業の打ち合わせ。
これから盛り上がってくる「IoT」技術を利用した事業を興してみたいと思っていたところ、早速、それを利用するプロジェクトを横で見る(?)ことになりそうです。


テーマ:出来事

立川北駅から。

最近、いろいろな人に会う機会が増えて、自分がいかに狭い世界で生きているかを実感することが多いです。
もっと外へ出て、いろいろな人に会わないといかんなと思いました。

いつもと違う景色を見ると、なんか気分が変わりますね。


テーマ:出来事

仕事のご縁で浅草演芸ホールへ招待して頂き、行ってきました。

落語とか寄席というものに、人生で初めて触れました。
こういう世界もあるんだなと、見聞を広めることができました。


テーマ:出来事

母の日のお祝いで一週間ほど帰省。

あからさまにカーネーションをプレゼント。

カーネーション


そして母が以前に行きたいと言っていた「天空の城」、備中松山城へ両親と3人で旅行。

備中松山城を見下ろせる展望台から撮影をする父↓

 
↓翌朝の姿。
雲海が出ていた。もうあと10分早く着いていればもっといい感じだったろうに!!!惜しい!
とは言え、相変わらずの強運により、奇跡的に雲海を見ることが出来ました。


岡山三大庭園の一つ、頼久寺へも立ち寄る。
頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺

頼久寺 ↑シャクヤクの花。
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花。


頼久寺
頼久寺
頼久寺
頼久寺

いざ、「天空の城」備中松山城へ登城。
備中松山城
備中松山城
備中松山城
備中松山城

ベンガラの町
ベンガラの町

ベンガラ館
ベンガラ館
ベンガラ館 もののけ姫に登場するたたら製鉄の工匠たちの様に人々が働く姿を、展示してある服から連想しました。


お次は当時の大富豪の家、広兼邸へ。
広兼邸
広兼邸
広兼邸
広兼邸
広兼邸
広兼邸
広兼邸
広兼邸 龍の姿がそこかしこに。

 
年に一度、1週間しか入れない衆楽園という離れ↓にも、たまたま運よく入れました。またもや強運発動。
賓客が来た時には、ここへ迎え入れたのだそうです。
広兼邸・衆楽園
賓客たちも、こうして広兼邸を見ていたのですね。
広兼邸・衆楽園
ここで出された「べんがらくん」という和菓子が、過去最高の和菓子のウマさ!!
広兼邸・衆楽園 なにこれ、すごく美味しい!!!!
ということでお土産として買おうとしましたが、日持ちしないため、翌日には消費しないといけないとのこと。
あえなく断念。

お次は、吹屋銅山笹畝坑道という坑跡。
うかつに半袖で意気揚々と入って行ったら、ものすごく寒い!
吹屋銅山笹畝坑道

続いて、吉備津神社へ。
吉備津神社
吉備津神社
閑谷学校。備中の聖人、山田方谷が晩年に這ってでも通って教鞭を執ったという由緒ある藩校。
閑谷学校
閑谷学校
閑谷学校
閑谷学校
閑谷学校
閑谷学校
閑谷学校

最後は備中国分寺。
備中国分寺
備中国分寺

大切な思い出の家族旅行となりました。


テーマ:出来事

赤坂。GWだからなのか、人が少ない。
ゆっくり散歩したいと思ったスポット。

東京に住んでいると、
「お、ここ座れるじゃん。」
という場所を見つけるだけで何となく嬉しい。。



赤坂氷川公園


テーマ:出来事

ダイナースから誕生日プレゼントが送られて来た。

これすごくいいなぁ。


テーマ:お気に入り


 
「あげるよ。」

 
 
アラジンの3つ目の願い
 
「ジーニーに自由を!!!」


 
ジーニー「誰が何と言っても、君は僕には王子様だ。」


テーマ:出来事

少し時間ができた。
今、桜の写真をアップしておかないと、このまま来年までアップせずにおわってしまいそうなので、アップ。

2018年の桜。

↓渋谷の桜丘。渋谷にこんな場所があったとは。大切な思い出の場所となった。
桜 渋谷桜丘2018
 
↓中目黒。すごく込んでいて、ただただ人の流れに飲み込まれながら。
桜 中目黒2018
 
↓成城。住宅街だからなのか、いつも通り、人があまりいない。
成城の桜1
成城の桜2 桜吹雪↓
成城の桜3
 
小田急線沿いに住んでいると、桜の頃には必ず「いきものがかり」の「さくら」の歌詞がくどいほど頭をよぎってしまう。
「小田急線の窓に~♪今年も桜が映る~♪」
 
↓靖国の桜
靖国神社の夜桜


テーマ:未分類

折り畳みの財布を使ってはみたけれど、お札が曲がってしまうのがどうにも解せない私。

折角のピン札が、財布に入れた途端、ピン札でなくなってしまうあの感じがどうも性に合わないので、新たに財布を購入しました。

財布を買うにあたり、お札を折り曲げなくて済む長財布で、落とさないためにチェーンをつけられて、長く使える縫製・素材のものを探しました。

結果、吉田カバン(ポーター)くらいしか選択肢がありませんでした。
超高機能の財布ながら、シンプルでスタイリッシュなデザイン。

ポーター長財布 吉田カバン ポーター ハイブリッド 長財布

やっぱりいいね、吉田カバンは。
これぞ、日本製。

モノづくりへの強いこだわり。
細部までこだわり抜いているのが分かります。

やっぱり鞄類は吉田カバンが私のファーストチョイス。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.