伊藤龍一のノート

11月 | 2017 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:出来事

昨日は急遽、面会で馬喰横山駅近くの会社さんへ。

面会終了後に、早速、現在の引っ越し先候補ナンバー1の神田駅近くのマンションを下見。
自分がここに住んだらどんな日常になるかをしばし想像。

最寄りのコンビニは、何故かGoogleマップには載っていなかったが、新しくて広々としていてイイ感じ。
徒歩30秒の好位置。休憩所も綺麗で広い。
これは思わぬ、嬉しい発見。


だがしかーし。

【懸念1】
意外と周りに何も無いことに気付く。オフィスビルばかり。

【懸念2】
そして電車と車の騒音も気になった。
マンションの目の前に立っていたら、丁度Facebookメッセを下さった社長さんがいて、電話で通話させて頂くことになり、電車と車の騒音でいかにここが電話に適さない場所であるかも実際に体感することができた。

【懸念3】
更には、神田駅との間に「待ち時間の長い信号」があることを発見。


<待ち時間の長い信号>と毎日付き合うとなると、心理的にストレスが溜まりそう。

「早くしないと電車に乗り遅れてしまうっ!でも信号がなかなか青に変わってくれない・・・。(T_T)」

「あぁっ!信号の向こう側の人たちが、どんどん、先に駅の改札口に入ってゆく・・・。
 向こう側の人たち全員に、先にホームの列に並ばれてしまう・・・。(ToT)」

信号に足止めをくらっている自分をよそ目に、目の前をゆっくり歩く信号の向こう側の人々全員に、みすみす、先に列に並ばせる屈辱。。。

さぞ、ストレスが溜まるであろう。(笑)


こんな感じで、この1つの信号によって、毎朝、「足止めをくらうストレス」を感じることを予見。

毎日毎日、こんな「待ち時間の長い信号」ごときに付き合わされるのはマッピラゴメンだ。

よし。引っ越し先候補ナンバー2のレジディア神田にターゲットを変えることにしよう。
ここはすごく静かなところだった。


がしかーし。


・なんか物足りないなぁ。
・そもそも、神田に住む必要があるのか?
・秋葉原駅周辺はどうかな?
・「静かなところ」がいいなら、今住んでいるところは最高なんだが。


とまぁ、結局、今住んでいるところの良さを改めて気付いたりもしました。

今住んでいる喜多見・成城の辺りは閑静な住宅街。
何もない感じだけど、必要十分。

さてと。今住んでいる場所については横に置いておいて。




<今回の散策ルート>

馬喰横山駅→
馬喰町駅→
岩本町駅→
秋葉原駅→
淡路町駅→
小川町駅→
新御茶ノ水駅→
神田駅(Finish!そのまま帰宅)


とりあえず、神田に住んだとしたら、いずれ使うことになる予定のこれら全ての駅の周辺を歩き回りました。

そして目星をつけておいた11件のマンション+レンタルオフィスを全部くまなく見ることができました。

少し歩けば何でもある地域だけど、もっともっと便利な住まいだったらなぁと思ってしまった。
欲ってのは、膨らむばかりですね。

神田はひとまず生活イメージが出来るようになったので、次の候補地も周ってみようと思います。


今回の散策で、一番、私の心が喜んだのは、先ほどの社長さんとの電話が終わった瞬間。
まだ知り合ったばかりで、これから互いに高め合ってゆける、という互いの「想い」。その「共鳴」を感じた時、とても嬉しくなります。

「この尊敬すべき人に、自分はいったい何をしてあげられるだろう?」

それが何かは未だ分かりませんが、心暖かい気持ちになりました。

自分の人生に、新たな人脈が築かれた瞬間。
良い一日になりました。


テーマ:お気に入り

自分もいずれは人を雇うことになるのかも知れません。
もしそうなった時に「人事労務freee」というクラウド会計ソフトを使おうと心に誓いましたのでここにメモ。



位置情報機能付きのタイムカードとか、もう凄すぎますね。驚愕してしまいました。
ヤバいほどの全自動化の時代。

こんな凄い仕組みが月1,980円とかで利用できちゃいますからね。
何なの、この安さ、便利さ。

こういう時代なんですね。


テーマ:出来事

今日、知り合いの社長さんに、六本木ヒルズの「スターアニス」というお店でランチをご馳走になりました。

ちょうど一週間前に愛知から東京へ移動する途中、高速道路の海老名パーキングでその社長さんとバッタリ鉢合わせ!!!!!
お互いにビックリ!!!!!

あり得ない確率。こんなことってあるんですね。
強いご縁を感じました。

普段から「いつかまた食事をご一緒しましょう」と互いに声を掛け合ってはいたのですが、流石にこんな奇跡的な出来事があったので、ようやくお会いさせて頂く運びとなりました。

神様が、

「あなたたち、いい加減、会いなさいっ!」

と、背中を押してくれたのかも知れない。


六本木ヒルズに行ったのは1年3カ月ぶりくらい。
久しぶりです。

食事中は仕事の話などで楽しくお話しし、その後、彼のご厚意で六本木ヒルズの屋上へ連れて行って頂きました。

六本木ヒルズの屋上
六本木ヒルズの屋上

その社長さんは「六本木ヒルズクラブ」という会員制のサービスに加入しておられるそうで、これに入会するのに200万円くらい、年会費が20万円くらいかかるそうです。

そのサービスの特典で屋上へ連れて行って頂きました。
屋上で東京の景色を見晴らした後、今度はルイヴィトン六本木ヒルズ店でお茶。
最後に、また年内にお会いさせて頂く約束をして、六本木駅で解散。

いわゆる“本物の富裕層”の方と過ごす時間を楽しませて頂きました。
とても意識が高いお方なので、ご一緒していて学ぶことがとても多かったです。

彼の棲んでいる世界を「肌で感じる」というか、ほんのちょっと垣間見ることができた気がします。
自分ももっと頑張らんといかんな、と思いました。


ランチをご馳走になったので、次は私がご恩返しをする番です。
全力で喜んで頂きますよ。


今日はとても素晴らしい思い出の一日となりました。
彼のご厚意に、深く、感謝。


テーマ:出来事

今日は愛知にて、気の合う友人とスキル交換。
彼は経営コンサルタントであり、PPCの専門家であり、GoogleとYahooの公式認定パートナー。
凄腕。いつもいろいろ教えてくれます。

彼の影響もあって、私もGoogle公式認定パートナーの資格を取得しました。

コメダ珈琲(豊田保見店)でモーニングしながらあれこれ話していたら、あっという間に7時間経過。

こういう、「互いに高めあう時間」は最高に楽しい。充実した時間。
互いに成長させ合う関係性。Win-Winの関係こそ、真に心地よい関係。

今日から一緒に小規模な事業を興すことになりました。
また「宿題」を増やしてしまった。


テーマ:メモ書き

ここ一週間、空いた時間をみつけては、引っ越し先を吟味してきました。

結果、神田駅周辺がいいという結論が出ました。
正確には、神田駅、秋葉原駅、淡路町駅(小川町駅)、岩本町駅の中間地点のどこか。
神田須田町または神田多町に的を絞りました。

東京で最も電車の便が良い駅、神田駅。

あとはタイミング。何か引っ越すためのきっかけがあればと思っています。
別に引っ越す必要もないわけですけど。(^ ^;)
今のところに2年住んだので、気分転換にと思っています。

まあ、仕事でどこかの職場に通うことになったり、彼女が出来たりしたら、こんな淡い計画は速攻でぶっ飛んで、これらに応じたところに住むことになるのですが。

いずれ住所が変わります。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.