伊藤龍一のノート

5月 | 2017 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:お気に入り

今、Gyaoで私の大好きな映画「たそがれ清兵衛」が無料で見れる。

じっくり見ているわけだが、やっぱり最高に良い映画だね。

私の心を震わすシーンが盛りだくさん。






清兵衛 「あげな様な哀れな思いを

       朋江さんにはさせたくねぇ。」






たそがれ清兵衛

がんばれ、直太はん・・・
  がんばってくれ、直太はん・・・

と、ついつい手に力が入ってしまうシーンだった。

こうした人を進んで召し抱えようとする侍は、他にいないであろう。
主人公清兵衛は、そんな直太を引き取り、養い、共に暮らしている。

清兵衛の優しさ。

精一杯、お役を果たそうとする直太。

そしてお役を無事に果たす直太!
無事にお役を勤め上げて、ホッとする直太の姿。

山田洋次監督、マジ素晴らしいです。(T_T)








朋江 「いいえ。

      呼んで頂いて、

        嬉しゅうございました・・・。」






お婆様 「あんたはんは、どちらのお嬢さんでがんしたかの?」




朋江 「はい。

      わたくしは・・・

        清兵衛さんの「幼なじみ」の・・・

               朋江でがんす・・・。」



はい、号泣。

「清兵衛さまの妻」と言えない悲しみが見事に表現されています。


たったの数日のすれ違いがなければ、
互いに想いを寄せる二人は「夫婦(めおと)」であったはずなのに・・・。(ToT)








「朋江はん!お父はんが!お父はんが帰って来た!!」



   あなたが、

      居てくだはるとは。
                  」


はい、号泣。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.