伊藤龍一のノート

12月 | 2012 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:メモ書き

来週、選挙日。

うーむ。どこに入れようかマジで悩む・・・。

今回は、他の政策を全て無視してでも、「TPP反対」を柱に選ぼうと思っています。

これまで、丁寧にTPP賛成派の意見の合理性を探し求めるも、納得させてくれる言い分が一つもない。

希望的観測や印象だけで推進を論じるばかり。

一方の反対派は常に具体論で語っている。
そして言っていることがいちいちもっとも。


やはり、各分野の族議員たちでさえ、「党を離反してでもTPPだけは反対せねば」ということで意見が割れる状況を踏まえると、TPPは、今回の選挙では反対しておくべきだと思う。

そもそも、“国民抜き”で24分野の大事なことを“秘密裏”に決めるっていう今回の民主党のTPPの話はキツイですよね。
まずは、民主党から政権を無くして、情報公開を待ちましょう。

ちなみに、理解の深化と共に、国会議員の中に徐々に反対派が増えて来ていますね。

他の政策は、仮に先延ばしにしたとしても日本にとって決定的なダメージがあまり起こりそうもない感じないけど、TPPだけはもの凄い危機感を抱かせます。


橋下さんのいる石原維新に絶対に入れようと思ってたけど、維新はTPP賛成優位だからやめようかなぁ。石原慎太郎さん個人は反対っぽいけど。

で、ここに来て自民かなぁとも思った。
TPPについての考え方 自由民主党

↑自民は条件付きで賛成っぽい。

「ISD条項を受け入れない」とか、「国民皆保険制度を守る」といった極端にヤバい点を拒絶しているので、分かっている人達がちゃんと目を光らせてくれている気がする。

でも、24個という広大な分野において、このたったの4項目だけでいいはずがないだろう!
賛成派もちらほらいる。

自民も危ないなぁ・・・。

うーん。どこに入れよう・・・。
安倍自民か、石原維新か。あるいはTPP反対を明言する少数政党か・・・。
迷います・・・。


私は前回は民主党に騙されて入れてしまいました。
あの時は政権交代こそが大事だと思っていました。

今年はTPP反対の党に入れます。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.