伊藤龍一のノート

1月 | 2010 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:出来事

つい今しがた、メール文編集画面で長文を打ち込み終わった後、送信ボタンを押すはずが、誤操作を行ってしまい、2時間以上かけて書いた内容が一瞬で全て消えてしまいました・・・。

ショック・・・。

もう、メールで長文を打つことは二度としまい。
たのむぞ、未来のオレ。

スキナー氏他、Bigな経営者らの言う、

「メールを打つ奴は意気地の無い奴だ。電話を使え。」

という言葉は偉大だと思いました。


テーマ:メモ書き

「賢者は愚者から多くのことを学ぶが、愚者は賢者から何も学ばない。」

イギリスのことわざ

「賢者が愚者から学ぶことのほうが、愚者が賢者から学ぶことより多い。」
モンテーニュ 「随想録」

というのは、私の座右の銘にしたい一節です。
そして、今日、下記の言葉が、ふと頭にひらめきました。

「愚者は賢者を馬鹿にし、賢者は愚者を尊敬する。」

馬鹿にするからこそ、そこから学ぶことができない。
尊敬するからこそ、そこから学びを得ることができる。
と、何となく思います。


人様のことを知らず知らずのうちに馬鹿にしてしまうことが無いよう、今以上に気を付けよう。

そして、もっと周りの人を尊敬しよう。自戒。

あと、ちょっとネットサーフィンしていたら以下の様な言葉に出会いました。


「愚者はまぐれ当たりを自慢し、賢者はミスショットから多くを学ぶ」
スコットランドのことわざ


ぐぐ。耳が痛いです。


「愚者に対するもっとも正しい答えは沈黙である」
アフガニスタン

これは今の私に示唆を与えてくれる言葉でした。
グッドタイミング。


テーマ:出来事

2009年10月末で、私の父親が定年退職を迎えました。

で、キャンピングカーをいじくりまわして旅行に行ったり、携帯で写メールを取ってブログにアップする術を身に付けたりして、アグレッシブに遊んでいます。

あの様な定年の年を迎えたいものです。

両親には、長く元気でいて欲しいです。
そしてもっともっと親孝行をしたい。


テーマ:出来事

今日、高専の学年全体の同窓会に参加してきました。
久しぶりに合う人達がたくさんいて、皆、仲良く話が出来ました。

いや~。仲間っていいですね。
何年経っても気兼ねなく話せます。

ですが、今日も仕事をしたかったので、1次会だけ参加して帰ってきました。
名残り惜しい感じですが。

いつの日からか、私は仕事の職場などでの飲み会には、殆んど参加しなくなったのですが高専の同窓会だけは、できるだけ顔を出したいと思っています。

話は変わりますが、
最近一つ一つのプロジェクト(仕事)をきちんと完成させてから次のプロジェクトを手掛けるように心がけています。

去年の反省は、どれも中途半端だったと今では思うからです。

やはり人は1つのことに集中した方が、効率が良いですね。

引き続き、今のペースを保って作業を進めようと思います。


で、かねてから改定しようと思っていた自身のサイトを改訂しました。

リアルパートナーズ

今年もよろしくお願いします。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.