伊藤龍一のノート

6月 | 2007 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:私考・志向・嗜好

今、バド部に数年後に東海地区で優勝できる「センス」を持った奴が1人いる。
彼はまあまあ強い。(あくまで”まあまあ”だ)


私はそういった、ある一定のレベルのセンスを持った奴を「サラブレッド」と呼んでいる。
彼らは生まれ持ったセンスにより、ラケットを初めて握ったときから、何の努力もすることなく、ドロップショットの精度が良い。

「輪投げ」という遊びがあるが、正にあれの適正能力。
ある種の運動神経。上手い奴と下手な奴がいる。

そして、シャトルの落下地点を精密にコントロールする「ドロップショットの正確さ」こそが、生まれ持ったセンスを推し量る絶対的な指標なのだ。

手先の「打感」によって、彼らは数メートル先に落下するシャトルを数センチ単位でコントロールする。

このスキルはもちろん鍛えることも出来るが、やはり、サラブレッドと(あえて厳しく言うが)道産子とでは、成長の早さも、最終的に到達できる到達点の高さもまったく異なる。

悲しきかな、実は道産子が、どんなに努力を積み重ねても、所詮はサラブレッドには勝てないということが、厳然としてある。

つまりは、肥満体質の選手は、筋肉体質の選手に勝てない傾向にあることを、まずは素直に認めなければならない。

「努力さえすれば誰でもオリンピック選手になれる」、と考えるのは、やはりどこか無理がある。


最近、そんなサラブレッドの彼について憂慮していることがある。
部内で最も強いプレイヤーが必ずぶち当たる壁だ。

それは、「自分を磨くための研磨剤がない」ということだ。
ダイヤモンドを磨くのはダイヤモンドしかない。

つまり、「自分より強い相手がいない」という問題があるのだ。

強くなるためには、

「虐げられ、悔しさを味わい、這い上がって、自分より強い敵に必死で立ち向かうこと」

これが不可欠だ。

いつも楽勝で勝てる相手とやっていては、闘争本能からくる高いパフォーマンスを引き出すことが出来ない。
弱い敵と戦っていては、むしろ、「闘争本能」がサビれてしまうのだ。

いくらサラブレッドと言えど、鍛え上げなければ、ダイヤモンドどころか、”ただの石ころ”に過ぎない。

つまり、彼に今最も必要なの。

それは・・・・、


  「絶対に負けられないライバル」


だ。

私にもかつて、プレイヤーとして「死んでも負けたくないライバル」がいた。
そのライバルにとっても、私に対して同じ感情を抱いていた。

彼と、ただの1度だけ試合をすれば、その日の練習は疲れて互いにヘトヘト。
二人が戦うときは、常に互いに「全力」を出しきる試合だった。

二人が試合を始めようとすると、部活全体に不思議な空気が流れ、後輩達がコートに近寄ってくる。
二人の「プライドを賭けた真剣勝負」を見物しようというわけだ。

龍一先輩と康之先輩。

「今日はどっちの先輩が勝つんだろう」

と。

二人の試合は、常に鬼気迫る、迫真の試合だった。
1ショット、1ショット、息を呑むあの感じ。

プライドとプライドのぶつかり合い。心持はコート上での「男と男の喧嘩」。
当然、コート上には薄軽い”笑み”など存在しない。

互いに、ポイントを奪われても、悔しがる素振りを見せたり、声を発したりすることはない。
そんな「弱さ」を見せる相手ではない。

「負けたくない、ポイントを取られた自分を認めたくない。」

「ナメルな」

「ふざけるな」

「お前は雑魚だ」

「俺こそがNo.1だ」

“殺気立つ”あの感じ。
互いに”戦闘マシーン”、”殺戮マシーン”にでもなった様なあの感じ。

お互いのプライドを叩き潰すために戦う。

勝つためではない。

自分が上であること。

“相手のプライドをずたずたにするため”に戦うのだ。

勝っただけではまったく意味がない。

部員全員に、
「やっぱりこっちの先輩が一番強いんだ」
と言わせるために、互いに戦っていた。

だが結果はと言えば、第一試合目は五分五分だった。実力はやはり互角。
(二試合目以降は、持久力の高い自分が勝つ傾向にあったし、彼もそれを認識していた。それもあって、試合は1日に1試合で終る。)

彼はどちらかというとハードヒッター。
パワーとスピードで勝つタイプ。

私はオールラウンドプレーヤー。
コートの隅に打ち込む「精度の高さ」で勝つタイプ。

とうとう、彼を完全に封じることが出来ないままに、彼はプロゴルファーになるべく、高専を中退してしまった。

彼と行った最後の試合では負けた。
云わば「勝ち逃げ」されている状態。(笑)
未だに心残りだ。

この彼(手ごわいライバル)がいたお蔭で、私は東海地区優勝、そして団体3連覇が達成できたと思う。


おっと、いかんいかん。
あの時のことを思い出すと、アドレナリンが出まくってしまい、脈略も無く書きなぐってしまった。

話を元に戻そう。

こうした「真剣勝負」を積み重ねてこそ、強くなれる。

絶対に負けられない「ライバル」と「全力で戦い続ける」、「決して安易に勝てない、あるいは自分より強い敵」に挑み続ける、そんな日々がプレイヤーを鍛え上げるのだ。

コート外の筋肉トレーニングの時ではなく、実践における”真剣勝負”こそが、サラブレッドを鍛え上げる。


今、彼に無いのは、この「ライバル」の存在だ。
(去年までは私がそれになれたのだが、私は今、仕事にかまけてサビれてしまっている・・・)

「殺戮マシーン」になるためには「ライバル」が絶対に必要だ。

「殺戮マシーン」に成り代わることを日々体感・実践し、”感情をコントロールするスキル”を身に付けなければ、東海地区で優勝はできない。

怒り。憎しみ、狂気。

「闘い」にはこの様な感情が必要なのだ。

これを理解してもらうためには、私が常に「殺戮マシーン」として彼らと対峙しなければならない。


そして、「殺戮マシーン」に成り代わるスキルが身に付いたら、次は、自分自身を「ライバル」と見立て、”自分自身と戦い続けるプロセス”が待っている。

それが、毎日の素振り、走り込み、筋トレの質に影響する。

ともかく、まずは「ライバル」を用意し、彼をなんとかして地区優勝させねば。


テーマ:出来事

今日は、バドミントンの高専大会東海地区大会だった。今年は鈴鹿にて。

自分は実は、豊田高専バドミントン部の専属コーチなので、同行している。

なので、今日の職場は会場周辺のホテル↓
高専大会 ホテル
大会当日もお仕事頑張っています。(コーチとしてはどうかと思うが)



今日は珍しく、主力選手を叱咤した。
(自分は基本的に”怒り”の感情というものを持ち合わせていない。なので、芝居じみたものだ。)
叱咤して甘ったれた”性根”を叩き直すと、途端に次からの試合が充実するのだ。

以前にもコーチとしてのこの成功体験を得ていたので、今回もうまく彼のメンタルのコントロールができた。
前回も劇的な効果があったが、今回もうまくいった。

やはり、”本気”になった奴が強いのだ。

プレイヤーは自分より強い相手に立ち向かうことになった時、2つの種類に分かれる。

1つは、「自分は勝てるはずなどない」と、実質的に試合を放棄してしまうタイプ。
もう1つは、「それでも勝てる方法があるはずだ。」、「なんとか相手を苦しめられないだろうか」と、自身の持てる力をもって”戦おう”とするタイプ。

両者の成長の度合いには大きな違いがある。

本当に強くなるには、”自分より強い相手に勝てる”と、「信じる」ことだ。

自分を「信じる」ことから、全てが始まる。
「信じる」ことで、奇跡は起こる。



テーマ:お気に入り

「私に人気があるのは、
 誰でも私を理解できるからです。

 ところが、アインシュタインさん、
 あなたに人気があるのは、
 大衆の誰もが、
 あなたを理解できないからです。」

チャーリー・チャップリン

チャップリン&アインシュタイン


テーマ:出来事

本日、午前11時。2ヶ月かけて準備してきたサービスがスタートした。

インターネットビジネス業界で有名な”まるるちゃん”と組んでから、2ヶ月が経った。

とにかくよくやった。
そしてこれからが本当の正念場だ。


p.s.
ウッチー、今日は結婚3周年、おめでとう。
結婚記念日を忘れるとは何事だ。
君の嫁さんはジューン・ブライドなんだから、もっと大切にしなよ。


テーマ:出来事

今日も徹夜。

非合理的なのかも知れないが、
やはり、人生には勝負すべきときがあると思う。


テーマ:CoachTaka

サービススタート間近。

今進めているビジネスの”コア”に気付かせていただいた。
横道にそれるところだった。あぶない、あぶない。

今やるべきことに集中。


テーマ:SteelyDan

8月にスティーリーダンが来日する。
http://www.billboard-live.com/#

でも、僕は行かないだろうな。

今は自分にとって、ライブで楽しむことの優先順位は低い。

もう二度とSDが来日しないだろうことは分かっている。

それでも、行かない。
まだ目の前の目標を達成していないから。


テーマ:出来事

今日は徹夜しました。

ブロガーがびっくりする様な画期的な新サービスの準備です。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.