伊藤龍一のノート

2月 | 2007 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:伊藤龍一について

最近、自分の職業を何と表現していいか困ることがよくある。

アンケートフォームなどの「職業」欄に書き込む、
しっくりくる言葉が見当たらないのだ。

アンケートなどは、毎度、適当に書いてはいるが、
ある程度、自分をアピールすべき相手に対しては、毎回、思い悩む。


一度、候補を全て挙げておこう。

  • Webアプリケーションエンジニア、Javaアーキテクト、プログラマー
  • システムエンジニア、チームリーダー、プロジェクトマネージャー
  • 経営者、起業家、個人投資家
  • Webプロデューサー、アフィリエイター、ブロガー、インターネットマーケッター


尚、初めて出会う人には、
「ホームページを作る仕事をしています。」
と自己紹介している。

でも、Webデザイナーでは決してない。
あくまで「裏の仕組みづくり」なので。


最終的には「社会に大きく貢献する事業家・投資家」になっていくわけだが。


テーマ:お気に入り

久々にお気に入りの本を読んだ。

エイドリアン・J. スライウォツキー著
「プロフィット・ゾーン経営戦略」


マイクロソフト社の戦略の分析には関心させられた。
マイクロソフトがこれほどまでに鮮やかな動きをしていたとは。

自分は、ビル・ゲイツ氏の「サービスの波が来る」という予言を100%信じているし、すでに少々の実感もある。

Javaを選択した時と同様、これに対する準備もしっかり行わねば。


テーマ:出来事

今日、自分を「リュウくん」と読んでくれる人物が現れた。
彼は非常に優秀な経営者だ。

また新たに「尊敬すべき人」、「頼れる兄貴」ができた。

因みに中学生のときには、

「マラソンが早い、水泳部、自転車がそれっぽい」

という理由によりトライアスロン・リュッチなどという、どこか無理のある妙な”あだ名”を付けられたことがあった。

ダサい・・・。長い・・・。(苦笑)
一瞬で呼ばれなくなったけど。

まだ、大学時代につけられた「ビトー」の方がまし。
(”イトー”と韻を踏んでいる模様)

名付け主曰く、映画「ゴッドファーザーパートⅡ」の若きビトーの「ゴツい顎(しゃくれたアゴ)」、「頬」などが、似てるとのこと。
反論できず・・・。



そして何度も見ているうちに、この映画をもの凄く好きになってしまった。
一度見ただけは分からない、もの凄く奥の深い映画だと思う。


テーマ:出来事

今日はクライアントとSkype通話。

相談相手に最善の策を提供し、喜んでもらうというコンサルティングという業務は、自分にとって非常に楽しい時間だ。
時が過ぎるのを忘れる。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.