伊藤龍一のノート

高専大会1日目 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:出来事

今日は、バドミントンの高専大会東海地区大会だった。今年は鈴鹿にて。

自分は実は、豊田高専バドミントン部の専属コーチなので、同行している。

なので、今日の職場は会場周辺のホテル↓
高専大会 ホテル
大会当日もお仕事頑張っています。(コーチとしてはどうかと思うが)



今日は珍しく、主力選手を叱咤した。
(自分は基本的に”怒り”の感情というものを持ち合わせていない。なので、芝居じみたものだ。)
叱咤して甘ったれた”性根”を叩き直すと、途端に次からの試合が充実するのだ。

以前にもコーチとしてのこの成功体験を得ていたので、今回もうまく彼のメンタルのコントロールができた。
前回も劇的な効果があったが、今回もうまくいった。

やはり、”本気”になった奴が強いのだ。

プレイヤーは自分より強い相手に立ち向かうことになった時、2つの種類に分かれる。

1つは、「自分は勝てるはずなどない」と、実質的に試合を放棄してしまうタイプ。
もう1つは、「それでも勝てる方法があるはずだ。」、「なんとか相手を苦しめられないだろうか」と、自身の持てる力をもって”戦おう”とするタイプ。

両者の成長の度合いには大きな違いがある。

本当に強くなるには、”自分より強い相手に勝てる”と、「信じる」ことだ。

自分を「信じる」ことから、全てが始まる。
「信じる」ことで、奇跡は起こる。


このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.