伊藤龍一のノート

「和」の先生 | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:出来事

月に1回くらい通っている料亭の板前さん。


蒲郡プリンスホテル 畔柳さん

この店の若女将さんがたまたま私の同窓で、
ここで初めて会ったとき、

「(蒲郡に)週に5回も通ってるなら、週に3回はここにご飯を食べに来て・・・。」

とポツリ。

若女将として、この不景気の客の入りを気にしているのでしょう。
切なげな顔をして3本の指を立てる彼女に、ついつい、

「うん、いいよ。」

と、反射的に応えてしまいました。
あの寂しげな顔に対して「イヤ」とはとても言えません。


もちろん、週3回も通ってはいられないので、

「う~ん、やっぱり月1くらいならなんとか・・・。」

と後から付けくわえて、可能な範囲に訂正。
そんな感じで勢い余って、ここに通うことを約束してしまいました。

お店の人が忙しくならない様に平日の空いた曜日、そして、あえて単価の高くなるディナー時を選んで通っています。


蒲郡プリンスホテル 生け花



因みにもう一人の仲居さんもとても素晴らしい方で、どんな時にも、細やかな心遣いをしてくれます。

何と言いますか、心地の良い「目の合わせ方」ってありますよね。
彼女の瞳からは、いつも、「思いやりの心」があふれ出ています。

一言二言、話すだけで、いつも清々しい気持ちになります。


そして、
私はここの赤だし(みそ汁)がとても好きです。
いつも、じっくり味わって頂いています。


とてもお勧めのお店ですよ。
蒲郡にお越しの際は、ぜひ、寿司所「竹島」へどうぞ。
蒲郡プリンスホテルの敷地内にあります。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.