伊藤龍一のノート

レクサスISハイブリッド | 伊藤龍一が日々思ったことを綴る日記です。


テーマ:私考・志向・嗜好

車にはあまり興味が無いけれど、最近、気になる車がある。それは、

レクサスIS。

レクサスIS
レクサスIS
ISのハイブリッドが出るのは多分2年後。
ISを買うか、その代わりに不動産を買うか。

よし。不動産を買って、その収益でISを買うとしよう。

(それか、先々を考えてアルファードかな。)

車か。
入社1年目を思い出す。
同期のライバルは、新車のセリカを買った。
一方自分は、その車の部品を作っている関東自動車の株を買った。

感慨深いものがあった。
(この”考え方の違い”が、10年後、20年後、とんでもない差を生むのではないかと。)


朝一番に買い注文。昼に携帯から売り注文。
これが人生で始めての株取引。1万4000円くらいの利益だった。

当時の単元数(1000株)の株を70万円くらいで買った。なので、利回りは約2%だ。
クリック数回だけで。(今売れば、2.5倍で売れたけど)


あの時の衝撃は今も鮮明に覚えている。

「あれ?今俺は何をやっているんだろう。
 (残業なんかやってるより、こっちの方が収入になるのか。)」

と。

とんだ「マネーゲーム」だと思った。

そして、「マネー経済」を肌で感じた瞬間でもあった。


とは言え、「これでラクラクに稼げる」などとは思わなかった。
幼い頃の一時期、シール集めやメダルゲームにハマって強く後悔し、ギャンブルに対する強い「免疫」が付いたが、その「免疫」が自分の感情をコントロールしたのだと思う。

この取引をきっかけに、”労働”とは何かを真剣に考えるようになった。
また、自分の”将来の姿”についても本気で考えるようになった。

そして自ずと、経済や金融に強い興味を持ち、勉強に明け暮れた。


あの1万4000円を手にしていなかったら、もっと違った人生を歩んでいただろう。
そして、一週間で1000万を手にするという経験も出来なかったろう。

これらの経験は、確実に自分のマインドを変えていった。

「こういうことは、あり得るんだ。起こりうるんだ。」あるいは、
「起こしてもいいんだ。起こせるんだ。」と。

そして更に、
「これらに続いて、もっと大きなことが起こってもいいんじゃないか。」
と思うようになった。

5分で数万。一週間で1000万。
となれば、「10年」も真剣に”それなりの方策”を研究し続ければ、数億円もあって当然ではないか。

(そして、その資金があれば、いよいよ大きな社会貢献ができるではないか。)

そして最近、その道筋が見えてきた。
未来が待ち遠しいが、まあ、じっくり楽しみながら進もう。

レクサスIS レクサスIS
さて。

2年後に世に送り出されるだろう「レクサスISハイブリッド」は、どの様な形をしているのだろう。

大いに期待するとしよう。

このブログは、伊藤龍一が徒然なるままに日々思ったことを書き連ねている個人的なブログです。

自身の人生を顧みるために、起こったこと、思ったことを記録しています。

Copyright © 伊藤龍一のノート All Rights Reserved.